Categories
innovation PR/FAQ

アマゾン PR/FAQ その3

PR/FAQは実際にどのようなものかをイメージしていただく為に、サンプルを作成しました。内容は実際のPR/FAQとは異なり実現可能性や技術的裏付けについては検討していません。私が個人的な体験から、このような製品があればいいのになと空想上で思ったものをPR/FAQにおこしてみました。子供の運動会や演劇発表会でカメラやビデオの撮影に注意がいってしまい、ライブで子供を集中して見れない残念な体験から、それを解決する製品があってもいいのではないかという発想から書いています。

(PR/FAQ サンプル)

PR(プレスリリース)
XX株式会社が自動追尾・望遠・フォーカス機能を持ったデジタルカメラ AIX1を49,800円で発売。
静止画と動画の撮影を人間の代わりに自動で行うAIカメラの登場です。

東京デイリー 2023年4月1日
XX株式会社が撮影者に代わって対象を追尾、望遠、フォーカスを可能にするデジタルカメラAIX1を発売開始しました。事前に対象者または対象物に発信機を取り付けることにより、3脚の上にセットされたカメラが自動的に対象物の位置を特定して追尾し、フォーカスをします。またAIによって対象者の動きや、音声から競技種目や演技内容を自動認識してシャッターチャンスを判断して自動的に撮影します。それによってこれまで撮影者がファインダー上で対象物を発見することが出来ない場合や、タイミングが合わす事が出来ずに撮影チャンスを逃していたような状況でも自動的に撮影が可能になります。

小学3年生の子供を持つ、ツヨシさんの使用体験談です。「これまで子供の運動会ではカメラの撮影に一生懸命で、自分の目で子供の演技や走る姿を見ることが出来ませんでした。このAIX1を子供の発信機とリンクしておけばカメラ撮影の事は忘れて子供の生の姿を目に焼き付けることが出来ます。大人数での演技などではこれまで子供がどこにいるのか発見できずに撮影出来ないようなことがありましたが、今ではAIX1が自動的に発見してシャッターチャンスも子供の動きで判断して、逃しません。一度使い始めるともうAIX1無しで運動会にくることは考えられません。」またサッカー少年倶楽部に小学5年生の子供が入っている芳江さんの体験談です。「サッカーの試合で子供の写真を撮ることが多いのですが、カメラの取り扱いが得意ではなくいい写真が取れませんでした。AIX1を使い始めてから一度セットすると子供がボールをけるタイミングやボールと子供が近づくと自動的にシャッターを切ってくれるのでシャッターチャンスを逃すことが無くなりました。撮影はAIX1に任せて応援に集中することが出来ます。ジイジ、バアバもAIX1で取った静止画をみてこれまでの静止画よりいいと言ってくれます。」

開発責任者の杉山本部長のコメントです。「AIX1はデジタルカメラと呼んではいますが、これまでのカメラとは異なり対象物の撮影に人間の判断やアクションは殆ど必要としません。初めに撮影の対象物をセットするだけです。撮影ロボットという新しいカテゴリーの商品の始まりだと考えています。この商品により撮影に気をとられることなく生で対象者の演技や競技を集中して楽しみ、応援することが可能になりました。」

FAQ(想定質問集)
Q1 撮影したい対象者や対象物が二つ以上ある場合にも追従して撮影可能ですか?
A1

Q2 AIを使用しないでマニュアルモードで、フォーカスやシャッターチャンスを決める撮影は可能ですか?
A2

Q3 三脚を使え無いような場所での手持ちでの撮影は可能ですか?
A3

Q4 撮影素子のサイズ、連続シャッタースピード等の詳細スペック
A4

Q5 AIでの自動撮影が出来ない競技や対象物はありますか?
A5